生活の上の健康のためダイエットに必要なミネラル豆知識

生活の上の健康のために必要なミネラルの豆知識、食習慣を改めないとダイエットをしてもすぐに戻ってしまうということが何度かありました。

ミネラルとは健康のために必要な体の構成元素です。機能維持や調節に欠かせない微量栄養素です。骨粗鬆症や老化の防止など、高齢化社会に必要なミネラルも多いです。あらゆる物質をつくる基本単位が元素です。人間の体も元素からできています。体重の95%を酸素、炭素、水素、窒素が占めますが、残りの5%をミネラルが占めます。ミネラルは英語で鉱物の意味でして、無機物にあてはまります。このうち生命維持に必要なものを栄養学では無機質、またはミネラルと呼びます。

ミネラルは骨や歯などの骨格を形成し、たんぱく質や脂質の成分になるなど、体の構成部分として重要な役割になっています。また血液や体液のpHや浸透圧を正常に保つ生体機能調整や酵素の補助因子やホルモンの成分になる働きがあります。必要量はわずかなためにビタミンとともに微量栄養素と呼ばれています。ミネラルは体内で合成されず外部から摂取するしかない栄養素です。

摂取量をみますとカルシウムを除いたミネラルは所要量を上回り、骨粗鬆症以外にきわだったミネラル欠乏症はありません。しかし、現代の食生活は、ミネラルバランスの乱れ、潜在的な欠乏症があるといわれています。濃い味付けのためナトリウムが多くなるうえ、食品添加物や清涼飲料水にはリン酸が多くもなります。過剰による弊害のほかに、カルシウムとリン酸を一緒にとると、吸収されにくいリン酸カルシウムになってしまい、カルシウム不足になってしまいます。また、炭酸飲料の炭酸もカルシウムの吸収を阻害します。慢性的なミネラル不足は糖尿病や心疾患など、生活習慣病のリスクを高めてしまいます。
このミネラルを朝食から摂取することで糖質制限中からの病を防ぐことができます。容量が多くて、食物繊維やビタミン、カリウムを多く摂取できますので、体を弱めることがなく、糖質制限ダイエットのための食として最高です。減量に成功しましても再発してしまうことに苦労してしまうこともあります。食習慣を改めないとすぐに戻ってしまいました。肥満はエネルギーの過剰蓄積ですが、健康維持のためにはたんぱく質、ビタミン、ミネラルは必要でありますし、肥満療法には長くかかり、エネルギーの少ない、栄養バランスの良い朝食の食習慣をみにつけることがダイエットにつながりました。ミネラルを効率的に補うにはオルチャニストという韓国版青汁を使うのもおすすめです。