ヨーロッパの卒業式はちょっと特別

としや店というのは人ではなくものだからここは女性名詞を使ってしまいとなるわけです。
祖国のこと僕というのも国は人ではないからお店の場合も姉妹店とはいっても兄弟10とは言いませんねアメリカやヨーロッパの学校には効果がない卒業式や入学式そして甲子園で買った時などに歌われる効果ですがこの効果は外国の学校にもあるのでしょうかアメリカでは入学式などでは国歌を歌い効果はないそうですスウェーデンでも効果はありませんが卒業式の時だけは全ての学校で伝統的に歌われている共通の歌を歌うそうです日本の仰げば尊しのようなものでしょうか 同じアジアのインドネシアでもやはり効果は無く代わりに記念日には焼酎ご共通の歌を歌うそうです日本の他に効果があるのはお隣の韓国と中国効果というのは東洋思想と関係があるのでしょうか