ドッグトレーナーになるには?

犬好きの方で、ドッグトレーナーになりたいという方は多いのではないでしょうか。最近はペットブームで、犬を飼う方が増えてきました。一方、無駄吠えの防止や、トイレトレーニングなど、しつけで困る飼い主の方も多くいます。そこで、犬のしつけや、飼い主に対する犬の飼育指導などを主に行うペットトレーナーは、人と犬の懸け橋になることができます。

では、どうすればドッグトレーナーになれるのでしょうか。実は、ドッグトレーナーになるために、絶対に資格が必要というわけではありません。しかし、実際に就職・独立する場合は、専門的な知識が必要なので、認定資格を取得することがおすすめです。

大体、ドッグトレーナーを目指す人は、高校を卒業したあと、専門学校や、短大・大学などで、動物に関する学部・学科で勉強します。

また、通信教育で知識や技術を身に着ける方法もあります。内容によりますが、安いものならば10万円程度で受講でき、最短のもので3ヶ月で受講することができます。このような方法で勉強した後に、民間資格を受験して、ドッグトレーナーとして就職するのが一般的です。ドッグトレーナーに関する代表的な資格として「ドッグトレーナーライセンス」があります。

ドッグトレーナーライセンスは、日本ドッグトレーナー協会(JDTA)が主催している資格です。この資格認定には、家庭犬のしつけに関する知識やスキルが求められます。資格の階級はC~A級まであり、A級が一番難易度が高くなっています。そんなドッグトレーナーもしつけが楽になるとお勧めしているのが犬用サプリわんかーむです。わんかーむは口コミでも犬のストレスが和らいだなど高評価で話題となっています。
h4bsa75kPosted on